「観光者が行く場所の変化」|京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi- > イベント情報 > 「観光者が行く場所の変化」

「観光者が行く場所の変化」

作成者unototoranpu

作成日2014年12月15日

「観光者が行く場所の変化」とは?

古都と呼ばれる京都へ観光に行く外国人の観光名所の変化があります。本来であれば、日本の伝統の建造物を見て写真撮影をすることと少し日本食を食べて終わりというのが日本に観光に来てすることの大半でした。ですが、特に変わったことがあります。建造物を見なくなったという分けではないのですが、観光名所ではなくて、各々が日本に何かを求めてきているのです。

「観光者が行く場所の変化」について私「石川正義」が思うこと

今の時代は、インターネットというものがあり日本のありとあらゆるものが外国にいて見ることが出来る。日本に来るまでに観光者には明確な物欲などが生じるのでしょう。観光地へ行き直接目で見る事も素晴らしが自分が住んでいる場所では、とても高価な物や品薄の物を日本に来て帰国するのだと思います。

「観光者が行く場所の変化」について「販売専門」「田中雄二」からの意見。

私は京都以外の観光地でも外国人が観光する場所が変わったと言う事を聞いています。観光ポイントに新しい場所がプラスされたのだと思います。そのプラスされた場所は商店街です。代表的なのが、大阪の「黒門市場商店街」京都の「錦市場商店街」です。毎年多くの観光客が市場を賑わせていると聞いたことがあり私も行ってきましたが本当に市場にいる人のほとんどは外国人ばかりでした。

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-