「霊山寺のバラが、一斉に見ごろをむかえる!」|京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi- > ニュース > 「霊山寺のバラが、一斉に見ごろをむかえる!」

「霊山寺のバラが、一斉に見ごろをむかえる!」

作成者unototoranpu

作成日2019年5月16日

「霊山寺のバラが、一斉に見ごろをむかえる!」とは?

今年も奈良市郊外にある霊山寺で、バラの花が見ごろを迎えています。「お寺にバラなんて本当にあるの?」と思われるかもしれませんが、実際に行ってみるとそのスケールは圧巻!広さ1200坪に世界中から集められた200種・2000株ものバラが、この時期には一斉に咲き誇るんですよ!ちなみにこのバラ園の奥にはティーテラスなるものもあって(春と秋の見ごろの時期限定でオープン)、バラ関連のグッズを購入したり、さらにはローズティーやバラのアイスクリームなどを味わったりすることができるそうですよ。

「霊山寺のバラが、一斉に見ごろをむかえる!」について思うこと

このバラ園は1957年に、世界の平和を祈念して開園したそうです。「人生の輪廻」をテーマにしているこのバラ園には、エリアごとに展示しているバラを分けているとのこと。仏教寺院にバラというのは、違和感満載の組み合わせですが、そう考えると、当時の住職さんがこの庭園に込めた強いメッセージを感じ取ることができそうです。

「霊山寺のバラが、一斉に見ごろをむかえる!」について園芸スタッフ・杉山綾子からの意見。

植物園にはよく伺っていますが、まさかお寺にこのような場所があるとは思いませんでした。しかしここのバラは植物園に負けないくらいしっかりと管理されていますね。育った花々や草木を眺めていると、その裏でどのような努力がなされていたのか、それを伺い知ることができますので、大変勉強になるんです。

「専門家」たちの声を聞いて思うこと

植物園のような専用の設備のないところで管理するためには、計り知れない努力が必要。それほどまでに強い霊山寺の思いを忘れてはいけないと思います。

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-