「自宅葬儀の有意義度が見直されています」|京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi- > ニュース > 「自宅葬儀の有意義度が見直されています」

「自宅葬儀の有意義度が見直されています」

作成者unototoranpu

作成日2019年5月20日

「自宅葬儀の有意義度が見直されています」とは?

昨今の葬儀は、葬儀社の用意したホールなどで行われるのが一般的になってきていますよね。もともとこの形式は、自宅で葬儀を執り行うことが当たり前だった時代に、自宅での葬儀準備には手間がかかるということから、「葬儀専門のホールを用意したらいいのではないか」という考えのもとに作りだされたシステムなのですが、戸建て住宅に住む割合の減少に比例して、「戸建てではないので葬儀ができない」という世帯が増えたため、一気にこの形式が広まっていきました。しかし現在、規模を大幅に縮小することによって戸建てでなくとも葬儀が可能になったことや、ホールで行う場合に課せられるさまざまな制約により、自宅葬儀を選ぶ方が増えているそうです。

「自宅葬儀の有意義度が見直されています」について思うこと

確かに、ホールを利用してのお葬式を経験した方にお話しを伺うと「忙しさのあまり故人のお別れに集中できなかった。ふと哀しいという感情に気付いたのは、お葬式が終わってしばらく時間がたってからだった」といったものが多いのです。なんだか、こう言うのって寂しいですね。果たしてこのようなお葬式、いいものなのでしょうか……?

「自宅葬儀の有意義度が見直されています」について葬祭スタッフ・都筑ミナミからの意見。

最近までの風潮で「葬儀社を通す=ホールを利用する」というイメージが先行していたようですが、現在は「自宅で、自由に、小規模で」というスタイルが人気を集めているように思います。

「専門家」たちの声を聞いて思うこと

葬儀に限らず、時代とともに求めるスタイルは変化していくものですね。

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-