「若年性認知症の相談窓口を開設」|京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi- > ニュース > 「若年性認知症の相談窓口を開設」

「若年性認知症の相談窓口を開設」

作成者unototoranpu

作成日2018年11月19日

「若年性認知症の相談窓口を開設」とは?

今まで、全ての認知症患者を対象にしての窓口はありましたが、「若年性」に限った窓口というのはまだ珍しく、より専門性の高い医療的見解が聞けること、そして利用施設においても、幅広い提案が頂けるなど、その効果は大変期待されています。また、介護面だけでなく、働き盛りで発症してしまうことを受け、就労についての相談、経済的な問題、ご家族の不安軽減など、ひとくちに「介護」と片付けることは難しい話題にまで深く掘り下げて聞くことが可能となっています。

「若年性認知症の相談窓口を開設」について思うこと

認知症と言えば「高齢者が発症するもの」といった認識があまりに強く、また「高齢でない方の認知症」についての理解がまだまだ浸透していないこともあり、結果としてそれに該当する患者さまがおいてけぼりにされてしまう現状があります。その部分によりしっかりと対処を行うことで、本人さまも、そしてご家族さまも、よりよい生活が過ごせていけると思いますね。

「若年性認知症の相談窓口を開設」について介護士・沢口寛子からの意見。

大変心強いサポートだと感じました。当事者さまだけでなく、その方をサポートする立場である私たちのような者からも、ぜひアドバイスが頂けるような機関にして頂きたいと感じます。

「専門家」たちの声を聞いて思うこと

「働き盛りの世代における認知症」に対する取り組みはまだ始まったばかりで、誰もが手探りで進まなければいけない事柄なので、協力が大切ですね。

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-