「100円ショップ人気とデフレの関係性」|京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi- > ニュース > 「100円ショップ人気とデフレの関係性」

「100円ショップ人気とデフレの関係性」

作成者unototoranpu

作成日2018年11月5日

「100円ショップ人気とデフレの関係性」とは?

都市部はもちろん、今やコンビニのない小さな町にも100円ショップが出店するなど、暮らしになくてはならない存在となっています。もちろん、奈良や京都も例外ではありません。決して100円には見えないようなクオリティのものが、たったの100円(税抜)で買えることに嬉しく感じる反面、「このままで日本の経済は大丈夫なの?」と不安を感じた方も少なくないのでは?そこで今回、物価の動向について、そして100円ショップの今後の可能性について、考えてみたいと思います。

「100円ショップ人気とデフレの関係性」について思うこと

結論を先に言ってしまうと、「物価の低迷(いわゆるデフレ)」に加えて「円高」「資源安」の条件が揃ったことにより100円ショップが好調になったのではと考えられます。後者の二つの条件によって仕入れや輸送にかかる費用が抑えられ、それによって浮いた費用を品質向上に回すことによって、同じ値段でこれまでより高品質な商品ができるというわけですね。

「100円ショップ人気とデフレの関係性」について投資家・鈴木森和からの意見。

デフレが呼び水となって人気に火がついたということはいうまでもないことですが、この状況がずっと続けば、今度は買い控える人が増加して売り上げは頭打ちです。またいつまでも円高や資源安が続くことはありませんので、動きが反転すれば(円安や資源高騰の流れになれば)、たちまち危機的な状況になってしまいます。

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-