奈良と言ったらここ!「中宮寺」の情報|京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi- > 奈良の観光名所 > 奈良と言ったらここ!「中宮寺」の情報

奈良と言ったらここ!「中宮寺」の情報

作成者unototoranpu

作成日2018年4月21日

「中宮寺」の紹介

こちらのお寺、法隆寺東院伽藍の隣に立地しています。日本最古の尼寺なんですよ。

平安時代に記された伝記によれば、中宮寺は母の発願によって、聖徳太子が創建したのだとか。聖徳太子のゆかりの寺院でもある……ということなんですね。ちなみに、その作りが珍しく、なんと境内の池の中に本堂が建っているのです!何とも、神秘的ですよね!それに、国宝指定されている弥勒菩薩が祀られており、とても穏やかな笑みを称えるそのお姿も、まさに神秘的なのです。見るもの全てに癒しを施す……そんな仏さまなんですね。

「中宮寺」のここがみどころ

やはり、木造菩薩半跏像!作られたのは7世紀とされ、なんと、モナリザやスフィンクスと並ぶ「世界三大微笑像」とされているのです。右足を組み右手の指を頬にあて、そのお姿は思慮深く、優しさを感じます。それにより、半跏思惟像ともいわれているのですね。

「中宮寺」に何回も行っている方の声

中宮寺に行く……という感覚ではありませんね(笑)弥勒菩薩さまに会いに行く……という感覚です(笑)一度そのお姿を拝見してから、とりこになってしまったんです。素晴らしい頬笑みに、心奪われてしまいました!

「中宮寺」に行くならこの季節が超オススメ

春がオススメです。山吹の花が庭園に咲き誇り、とても美しいですよ。

「中宮寺」へのアクセス方法

「中宮寺前」バス停から徒歩5分です。

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-