「鴨川へカモのお引っ越し」|京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi- > ニュース > 「鴨川へカモのお引っ越し」

「鴨川へカモのお引っ越し」

作成者unototoranpu

作成日2016年10月25日

「鴨川へカモのお引っ越し」とは?

毎年恒例となっている、京都の鴨川への、カモのお引っ越し。4月に生まれた子ガモ4匹が母ガモに続いて歩いていきました。今年はあいにく雨の中でのお引越し。地元警察も車の誘導を行うなどの支援もあり、無事700m先の鴨川までたどり着きました。今年はなんと、母カモが2度の産卵を行い、卵は計18個。ただ孵化した17羽中、生存しているのはわずか5羽(そのうち1羽は未だ池に残ったまま)ということです。

「鴨川へカモのお引っ越し」について思うこと

この鴨川へカモのお引っ越しがみられるようになったのは、今から11年前のことだそう。成長したヒナを連れ、親鳥の先導で、700メートル離れたところまでのお引っ越しが、この時期に始まるんですよね。いまや多くの人々に見守られる京都の風物詩ともなっています。約1時間もの時間をかけ、よちよち歩くその姿はかわいく、そしてたくましさも感じますね。

「鴨川へカモのお引っ越し」について、動物園飼育員の武藤さんからの意見。

実は、卵は、全部が孵化するわけではありません。しかしそれでも今年は非常に珍しい2度の産卵ということもあって、例年にない大行列になると期待された方も多かったと思います。少し残念ではありますが、それでも無事にお引越しを終えてほっとしていますね。

武藤さんの声を聞いて思うこと

カモって、2度も産卵することがあるんですね。驚きました。無事、多くの子ども達が生まれ、ぜひ元気な大行列を見せて頂きたいものですね。

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-