「京大ファンド、初出資」|京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi- > ニュース > 「京大ファンド、初出資」

「京大ファンド、初出資」

作成者unototoranpu

作成日2016年11月30日

「京大ファンド、初出資」とは?

先日、大注目を浴びた「京大ファンド」こと「京都大学イノベーションキャピタル」が、同社初の投資に、いずれも医学系・薬学系の企業3社に総額4.8億円の出資を行うと発表しました。投資先となる3社は全てベンチャー企業で、それぞれ「再生医療用の機器開発」「目の病気の治療薬開発」「iPS細胞から生成した機能別細胞販売」という事業を行っています。

また会見で「京都大学イノベーションキャピタル」の社長からは、チャレンジ精神旺盛なこの京都から技術革新を発信したいという、熱意あふれる言葉が聞かれました。

「京大ファンド、初出資」について思うこと

出資が全て「基礎研究に重きをおくベンチャー企業」という点が独創的(他のファンドではなかなかできないところ)ですよね。「京大の強みを活かす」ことを前面に押し出したいい試みだと思います。

「京大ファンド、初出資」について、ファンドマネージャの田野上さんからの意見。

聞いたところによると、この「京大ファンド」の運用期間は15年(規模は160億円ほど)で、出資はおよそ50社(全て京大発のベンチャー企業)に対して行う予定だそうですね。今回投資するベンチャー企業3社は全て医学関連ということですが、この取り組みを通じてどんどん技術を進化させていってほしいですね。

田野上さんの声を聞いて思うこと

未来の医学のための出資……そんな活きたお金の使い方が、とても素晴らしい事だと感じました。

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-