「ゴーヤでみどりのカーテンを」|京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi- > ニュース > 「ゴーヤでみどりのカーテンを」

「ゴーヤでみどりのカーテンを」

作成者unototoranpu

作成日2016年11月2日

「ゴーヤでみどりのカーテンを」とは?

「食」としてではなく「エコ」の取り組みとしてのゴーヤのご紹介です。環境保全活動に力を入れている京都府の団体関係者が、大和高田市でゴーヤの育成についての紹介イベントが催されました。またこのイベントの参加者には、ゴーヤの苗がプレゼントされたそうです。

ゴーヤはウリ科であり、つるがどんどん伸びて成長していく植物なのですが、このつると葉っぱがみどりのカーテンを作り、これが真夏の強烈な日差しをシャットアウトし、省エネ効果を生みだすとして、現在大注目を浴びているのです!素敵で美味しいエコカーテンが、どんどん広がっていくと良いですね!

「ゴーヤでみどりのカーテンを」について思うこと

いわゆる健康食材として、日本各地どこのスーパーでも見かけるようになったゴーヤ。沖縄料理でよく使われる、あのゴーヤが意外な形で省エネに貢献するとは、正直驚きました。省エネの効果もさることながら、栄養豊富で、食べると夏バテ知らず。一石二鳥ですね!

「ゴーヤでみどりのカーテンを」について、ガーデナーの藤原さんからの意見。

ゴーヤは、育てる手間があまりかからず、水やりだけで丈夫に育ってくれますので、初心者でもとっつきやすい植物です。それでいて、省エネ効果、美味しい実をつける……のですから、なかなか素敵な試みなのではないでしょうか!

藤原さんの声を聞いて思うこと

夏に向けたチャレンジに、ピッタリかも!

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-