「天川村洞川」をご紹介|京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-

「天川村洞川」をご紹介

作成者unototoranpu

作成日2015年2月24日

「天川村洞川」の紹介

ここ奈良の洞川は、日本の百名山に選ばれる程の清き水があふれる村です。関西の軽井沢とも言われる綺麗な水が湧く場所で有名です。そして、そこには龍泉寺と呼ばれている寺がありそこでの水行も有名です。

 

「天川村洞川」のここがみどころ

洞川には、龍泉寺という寺があります。そこは1300年前からありそこには、龍の口と呼ばれる場所があります。その由来も何とも興味が惹かれる話ばかりです。宿泊する旅館にもおおいに見どころはあります。昔ながらの建物は、何処を撮影しても絵になる建物ばかりです。そこで出される食べ物には、旅館の女将が手作りをしている後鬼の湯・花屋徳兵衛という宿と前期の湯・花屋良兵衛があります。

 

「天川村洞川」の楽しみ方

ここでの楽しみ方は、自分を清めるという意味も含めて龍泉寺の龍口と呼ばれる所で水行が出来るということだと思います。龍泉寺の前の通りを歩くと色々な宿があるので時間があれば少し回り道してから帰るのも1つの楽しみ方だと思います。

 

「天川村洞川」へ初めていった方の感想

テレビで放送されているのを見て興味をもって行ってきました。本当に360℃パノラマで何処をどう撮ってもプロの写真家になったような気持ちになれました。水行はしませんでしたが今までしてきたであろう人の感じは凄く伝わってきました。

 

「天川村洞川」に行くならこの季節が超オススメ

水行をしたいと思っている人には極寒の体験をする事になりますが、オススメするのは冬の時期です。深々と降り注ぐ雪がそのまま残っています。

京都奈良の求人紹介サイトなら-KRnavi-